カーテンと調光ロールスクリーン

掃き出し窓にカーテン、横の縦長FIX窓にラクーシュを納めさせていただきました。

ドレープはフジエテキスタイルのタゴト(PF1719)バーンナウトプリントの技法でデザインの輪郭に透過性を持たせたベルベットです。特殊なフィニッシュで毛の向きをランダムにしていますので、色の見え方に濃淡が生じ生地に独特のニュアンスを出しています。裏地にキヌリ―をおつけし、ドレープとして納めさせていただきました。

タゴト(PF1719SB)

レースは川島織物セルコンのFF1230です。横かすりの光沢が美しいレースです。

FF1230

 

掃き出し窓のすぐ横のFIX窓にはTOSOのラクーシュです。

ラクーシュは調光ロールスクリーンで、1台でドレープ・レースの枠割を果たす画期的なメカ商品です。

ラクーシュを枠内に収めたことにより圧迫感がなく、エレガントかつすっきりとした印象となっております。